FC2ブログ

自分でできる登記のお話

はいこんにちは。


人気ブログランキング
↑こちらにポチをお願いします(´・ω・`)

何か役立つことを書くといいらしいので、つらつらと書いておきます。

融資を受けて購入される方は基本金融機関指定の書士の先生による抵当権設定があると思うのでスルーですね。

現金で、ボロ戸建てとか区分を買う方。
書士の先生に所有権移転設定をしてもらうと、5万とかかかりますよね。

5万円あれば、焼肉数回行った方が良くないですか?
PS4とか買いますよね(´・ω・`)

ということで、自分でできる登記のお話をしていこうと思います。

①事前準備(売買契約時)
売買契約までに必要になるのは、これくらい。
先に作って、法務局に確認に行きましょう。

・委任状(売主から買主に登記の権限を委任するもの)
・登記原因証明情報(何があって登記を移転するのかを記したもの、基本的には売買だと思われます)
・登記申請書(移転してねーと法務局に出すもの)

この時に、謄本とかちゃんと見て、間違いのないように(´・ω・`)
↑の資料に加え、謄本、権利書を一度全部をまとめまとめして、一度法務局へ確認へ行きましょう。
ほんと親切に教えてくれます。
その時に登録免許税も確認してもらって、印紙も買っておけば、あとは郵送でできます。

確認が終わって、「ここに売主のハンコ押してもらってねー」と言われたところに、売買契約時にハンコを押してもらうだけです。
あと、印鑑証明をもらってください。
※売主の資料で何がいるかとかも法務局に相談に行ったときに教えてくれます。

あとは、言われたとおりに資料を封筒に入れて、返信用封筒とか作って入れて待つだけ。

これだけです。

なんか色々書いたのでめんどくさそうですが、事務作業(30分)と相談時間(30分)、往復の時間と交通費だけです。
5万なら安くありませんかね(´・ω・`)

ということで、取得物件は全て自分で登記しております。
書式とかはそのうちサンプルあげましょうかね。
ではでは。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント